人間的背景(項目一覧)



「 もし、なにもかも全部嘘だったら・・・・・・どうする・・・・・? 」

理沙は、2メートル離れたところから、背中を向けている彼に問いかけた。
彼は帰ろうとしている。

きっと振り向いてくれると、理沙は信じていた。

「 別に気にしないよ・・・・・・・。 」 やがて彼は言った。

        
理沙と直子 理沙と、物語のキーパーソンである妹の直子について。(誠意作成中)
管理職として   管理職としての理沙の、決断と実行の記録。 



物語メニューに戻る