渡されたメモ

行政官付き添いのもと、理沙はタイタン基地の中を巡回し、設備についての説明を受けた。
太陽から遠く離れた極寒の地であることを感じさせないほど、施設の中は快適だった。居住区ブロックを抜けて管理ブロックへと向かう。
ブロック毎に、天井や壁の色が変えられていて、白を基調とした管理ブロックは無機質な感じではあるが、
室内温度はどのブロックでも20度前後に保たれていた。強力な核融合炉のエネルギーのおかげである。
廊下を歩きながら、窓の外、200メートルほど離れた場所の核融合炉の方に時々目を向ける。
「設置の時は、なかなか焦りました。3000トンものユニットまるごとを周回軌道から降ろしましたから」
2人は立ち止まり、自分たちの歩いてきた長い廊下を振り返った。
「彼女と2人で、ユニットが稼働するのをここで見守りました」
ヴェラと2人で、マイナス150度の屋外からこの廊下に入り、非常灯だけの暗い中待っていた時間が、再び行政官の脳裏に蘇る。
「ユニットが稼働してしばらくしてから、暖かい空気が顔に当たったときには、ほっとしましたね」
廊下の突き当り、[関係者以外立ち入り厳禁]の表示のあるドアの前で立ち止まる。
認証システムが行政官を認識し、すぐに扉は開いた。
この基地の中枢である、中央制御室には、数名のスタッフがモニター表示を確認していた。
いつもヴェラが座っていた座席に案内され、理沙はその座席に座った。
モニターには、システムの稼働状況を示す表示が次々に流れていた。この席に座り作業をしているヴェラの事をしばしの間想像した。


ヴェラ本人と対面出来なかったことは、理沙にとってある意味幸いだったのか。
死亡原因について、詳細な調査が行われたのちに、彼女の遺体は冷凍保存状態で1ヶ月ほど前に地球へと帰還した。
理沙とはちょうど行き違いとなり、行政官からは彼女の映像を見る事も可能であると言われたものの、その気になれなかった。
今回の事故調査タスクの司令官である、少佐の指示のもと、到着翌日から早速現地での事故調査が始められた。
地球からタイタンに向かう船の中で、行政官が監修の元作成された事故調査レポートを見る時間は十分にあった。
30数年前の、火星のエリシウム基地での事故と同類であるのかどうか、直接原因、間接原因についてはすでに追及は終わっており、
真の原因は何なのかについて行政官の協力のもと調査を行い、レポートとしてまとめるのが事故調査タスクの目的である。
「判断最適化タスクが、あるべき状態との乖離を検出し、原因を取り除いたということまではわかっています」
少佐は行政官を前にして、分析結果にもとづくいくつかの質問をしていった。
行政官の傍には、システムを管理するスタッフ2人が、少佐からの質問に答えていた。
「エリシウム基地での事故調査で、既に結論が出ている事について、なぜ今さら同じ事を繰り返すのか、理解できません」
「それは。。。。」
スタッフの1人が、少々気まずそうに少佐に答えた。
「エリシウムでの事故分析に、まだ疑問の余地があると考えて。。。」
そのとき、行政官がスタッフの発言に横から割り込んだ。
「彼女に責任を押しつけるつもりはないが、ヴェラから申し出があって、私が承認した」
今度は理沙が横から割り込んだ。
「では、あの事故は単なる実験結果?」
行政官は何も言わずに頷いた。
事故調査データについて、断片的にしか述べられておらず不足感があったのはこのせいか。
タイタンで基地建設が行われているという事も、事業団内でも一部の人間しか知らず、
将来の深宇宙開発のための実験居住施設である事くらいしか、聞かされていなかった。
その後会議は、基地の技術スタッフと共同で、今後どのように現地調査をするのかについて、段取りの打ち合わせが行われた。
3時間ほどの長時間の会議を終えて、理沙は少佐といっしょに居住区はずれの飲食施設へと向かった。
廊下を歩く途中、縦横30メートルほどのコミュニティホールの脇を通り過ぎた。
植物が植えられていて、中央にはデッキチェアーがいくつかあり、仕事帰りの居住者が何人か談笑していた。
この基地の計画書によれば、居住者のほぼ全員が、募集により集められた生活困窮者であるとの事。
衣食住が完全保証される代わりに、あらかじめ決められた仕事をここでこなすことが求められていた。
食料生産や、行政サービスのスタッフとしての仕事がほとんどで、労働時間もほどほど、まさに天国のような生活。
しかし、真の目的について居住者には知らされていなかった。
当然の事として、半年前の事故のことについても基地内で公にされておらず、一部管理スタッフしか知らない。

*     *     *     *

翌日、理沙は行政官から呼ばれて、行政官のオフィスへと向かった。
「彼女の部屋に案内しますが」
管理スタッフは、管理ブロックはずれの居住者とは隔離された場所で生活している。
ヴェラの部屋はワンルームの少々狭苦しい部屋である。ちょうどビジネスホテルの一部屋といったところか。
「内部の調査はしましたが、あえて当時そのままの状態にしてあります」
ベッドが1つに、小さな机とテーブル、休憩用のイス。
部屋の中は特に乱れているということはなかったが、ベッドの上には読みかけの本、食べかけのスナック菓子。
机の上には何も置かれていなかった。
「座ったままで、眠るように亡くなられていました」
不測の事態に備えて、スタッフおよび居住者全員が、生体モニターの監視のもとにあり、
体調不良等で倒れた場合でも、システムから監視アラートがあげられて、救急スタッフが数分のうちに急行できる体制になっていた。
ヴェラの死亡原因は、突然の心不全とのことである。
「蘇生処置が行われましたが、間に合いませんでした。本当に急な事で」
理沙は、部屋の中を改めて見渡した。
最後の日まで、いったい彼女は何をしていたのか。
一日のほとんどの時間を、昨日見学した中央制御室で過ごし、管制システムのデータを詳細に調査し、
真の原因追及に向けて、1人で孤独な調査をしていたのだろうか。
行政官は仕事に戻り、理沙は1人でしばらくの時間彼女の部屋で過ごした。頭の後ろで腕組みをして、彼女の事を想う。
ふと思い立って、机の引き出しを開けてみた。
生活用品が入っている引き出しがある中で、一番上の広い引き出しを開けてみたところ、1冊のノートがあった。
メモか日記か何かだろうと思い、パラパラとページをめくってゆく。
事故当日の記録については、事故があったこと、エリシウム基地での状況と同じとしか書かれておらず、
単なるメモ以外のなんでもないと思いかけていたところ、亡くなる当日のページを見て、理沙は胸が締め付けられる思いがした。
理沙はノートを閉じて、引き出しの中に元のようにしまい込んだ。

*     *     *     *

部外者が閲覧禁止とされている、システム深層稼働記録の調査が翌日から始められた。
少佐が連れてきた技術スタッフに対して、彼は作業の方向性について指示を行い、基地の管理スタッフの助けも借りながら、
調査を始めたものの、ヴェラしか知らない調査データもあり、アクセス制約を解除するだけでも手間だった。
理沙は直接作業にはかかわらないが、少佐とともに、行政官へのヒアリングおよび調査結果データの整理を行った。
半年前の事故で亡くなった3人の居住者について、状況が徐々に明らかになってきたのは調査開始から3日目。
例えていえば、突然死のような状態で亡くなり、医療診断システムは心不全等の疾患として処理を行っていた。
「基礎疾患が元々あったと記録されていますが、本当なんでしょうか?」
理沙は、不自然な点としてまずその部分を行政官に追及した。
「そこで、居住者へのヒアリングを行いたいというのが1点目、それと、ヴェラの部屋を先日見せていただきましたが」
理沙は行政官のことをしっかりと見つめた。
「部屋の調査は終わっているとおっしゃっていましたが」
もちろん、全て調査を終えてレポート内でもそのことは述べている、と彼が言いかけたところで、理沙は言った。
「では、机の中のノートも調査済みという事ですね?」
彼は頷いた。
しかし理沙は、行政官の表情のかすかな変化を、見逃さなかった。



「サンプル版ストーリー」メニューへ