あらすじ(1)


理沙のキャバクラ嬢時代の頃の話を書きます

No 内容説明 作成状況
  − 2038〜2041 : Take Off −  
01  木星への出発準備中の調査船の中、理沙はふと昔の事を思い出す。 概要 本文
02  欲望の巨大都市となった東京の片隅、理沙は旧友と再会する。 概要 本文
03  理沙はキャバクラで働き始める。働いた成果が出始めたある日。。。 概要 本文
04  親友に連れられて夜の街の裏側へ、そこで理沙が見た現実。 概要 本文
05  帰宅途中、理沙は先日会った客と偶然出会うことになる。 概要 本文
06  今まで気づかなかった自分の才能に、偶然気がついた理沙。 概要 本文
07  久しぶりで理沙は妹直子に会った。そこで家庭の危機的状態を知る。 概要 本文
08  店で2人きりになった親友と理沙。客との関係を気にした親友は。。。 概要 本文
09  客の男から自分の夢、そして理沙も一緒に参加して欲しいと言われ。 概要 本文
10  昼の仕事が見つかって高揚した気分の理沙、しかし店に行くと。 概要 本文
11  裏切られすべてを失った親友。理沙は彼女を自宅で預かる事にした。 概要 本文
12  昼の仕事のかたわら、再起をかけて親友と夜の仕事にも奮闘する。 概要 本文
13  日々忙しい中で、理沙はふと自分の将来の夢について考える。 概要 本文
14  店の他のキャストとの闘いの中、親友は店の中での地位を確立する。 概要 本文
15  親友の事が心配になった理沙。ある日親友は一人旅に出る。 概要 本文
16  理沙は店の客から、本当にやりたい事は何なのか問いかけられる。 概要 本文
17  帰宅した親友。彼女からの知らせは想像を超えた恐ろしい内容だった。 概要 本文
18  打ち明けられない悩みを抱え、迎えた東京での3度目のクリスマスに。 概要 本文
19  親友は店のトップの座を確立した。理沙は彼女に自分の考えを伝える。 概要 本文
20  自分の夢についての強い想い、一人では無理だが二人ならできる。 概要 本文
21  理沙の店での最終出勤日、親友との最後の会話が言い争いに。。。 概要 本文
22  希望と不安が混沌とした心境の中、理沙は前に進むことを決める。 概要 本文



「理沙の物語」メニューへ