あらすじ(4)


理沙の士官学校時代、地方の軍事基地に配属された頃の話を書きます

No 内容説明 作成状況
  − 2043〜2046 : 若きEagleたち −  
01  日々の訓練に四苦八苦しながらも、地を這うようにしがみつく毎日。 概要 本文
02  昼は勉強と訓練、そして同僚の陰湿ないじめにも耐えながら。。。 概要 本文
03  男女3人混成チームの中で、理沙はリーダーシップについて考える。 概要 本文
04  ちょっとしたヒントが、チームのモチベーションを劇的に変える。 概要 本文
05  弱小3人組と周りから見られても、理沙は最強3人組と思っている。 概要 本文
06  訓練期間も終わりに近づき、ついに成績発表の日がやってきた。 概要 本文
07  卒業の日、お互いのこれからの成功を祈り3人は別れる。 概要 本文
08  専門技術の訓練と資格取得の日々、理沙は気になる同僚に出会う。 概要 本文
09  同僚とのプライベートタイムでの外出、お互いに自分自身の事を語る。 概要 本文
10  同僚とは短い交友となった。心に秘めた想いを持ちつつも別れる。 概要 本文
11  理沙のアラスカ早期警戒レーダー基地への配属が決まる。 概要 本文
12  女性上司のもと、20人ほどの部下を抱えて管理職の日々が始まる。 概要 本文
13  自然あふれる環境の中で、理沙は夜空を見上げながらふと思う。 概要 本文
14  時には一触即発の事象もあるものの、緊張の生活に徐々に慣れる。 概要 本文
15  上司から理沙の働きが認められるようになり、比例して責任は増える。 概要 本文
16  久々に休暇を得られて同僚と旅行に行く。これからの目標を語り合う。 概要 本文
17  同僚から宇宙飛行修士号プログラムのことを聞き、理沙は興味を持つ。 概要 本文
18  宇宙飛行修士号プログラムの件を上司に相談し、推薦を得る。 概要 本文
19  一次選考は通過し、試験官との面接で理沙は自分の考えを述べる。 概要 本文
20  理沙は試験結果と面接に手ごたえは感じたが、二次選考は落選した。 概要 本文



「理沙の物語」メニューへ