理沙の物語

All rights resserved copyright 2001−2019

 あらすじ
   あらすじ(1)  理沙のキャバクラ嬢時代の頃の話
   あらすじ(2)  理沙の地下アイドル歌手時代の頃の話
   あらすじ(3)  渡米した理沙が士官学校に入るまでの頃の話
   あらすじ(4)  理沙の士官学校時代、地方の軍事基地に配属された頃の話
   あらすじ(5)  理沙が太陽系開発事業団にプロジェクト参画するまでの話
   あらすじ(6)  理沙の太陽系開発事業団での訓練期間中の話
   あらすじ(7)  理沙が木星探査プロジェクトに参画するまでの話
   あらすじ(8)  理沙が参画した木星探査プロジェクトでの活躍の話
   あらすじ(9)  木星探査プロジェクト参画後の理沙が木星資源開発局の管理職となるまでの話
   あらすじ(10) 理沙が木星資源開発局に参画し、資源開発プラントを構築するまでの話
   あらすじ(11) 管理職となった理沙の仕事とプライベートについての話
   あらすじ(12) 木星の生産プラントが本格操業を始めるまでの、理沙の管理職としての活動の話
   あらすじ(13) 土星の衛星タイタンでの事故、現地で事件の真相に迫る理沙の話
   あらすじ(14) 理沙がタイタンからの帰途での事故、事故からの生還の話
   あらすじ(15) 仕事に復帰した理沙が、諮問委員会で責任を追及されるまでの話
   あらすじ(16) 諮問委員会での理沙の発言、発言も空しく公職を追放されるまでの話
   あらすじ(17) 公職を追放されクラブママとなった理沙が、木星資源開発局に呼び戻されるまでの話
   あらすじ(18) 恒星間移住船リーダーとなった理沙が、妹直子と再会するまでの話
   あらすじ(19) 木星開発特区内の軋轢、トラブルに巻き込まれる中での理沙の心の動きの話
   あらすじ(20) リーダー、特区の管理職のメンバーに対し自分の思いを語る理沙の話
   あらすじ(21) 地球に向かい、資源と技術力を武器に地球政府に自治権を訴える理沙の話
   あらすじ(22) 地球政府との交渉は決裂、理沙が木星自治区のリーダーとなるまでの話
   あらすじ(23) 地球政府と木星自治区との戦争前夜、リーダーシップを発揮する理沙の話
   あらすじ(24) 地球政府と木星自治区との和平合意、内乱により権力の座を追われた理沙の話
   あらすじ(25) 理沙の亡き後、彼女の意思を継いだ直子の活動と、その後の人類の歴史の話
 ある日・どこかで(サンプル版ストーリー)
 各種考察
 作成履歴



メニューページへ